学校長あいさつ

学校長あいさつ

伊奈中学校は、昭和22年の開校以来73年目を迎え、長きに渡って地域の皆様に支えられ、1万人を超える卒業生が巣立った歴史と伝統のある学校です。

本校の教育は、校訓「叡智」、校風「自立の生気」の下、「瑞々しく」、「かしこく」、「たくましく」を学校教育目標とし、知・徳・体のバランスのとれた生徒を育むことを目指しています。特に、学校教育の基本となる日々の授業を大切にし、各教科の学習指導に力を注いでおります。

これからの社会は、技術革新の影響により、情報化やグローバル化といった社会的な変化が急速に進むことが予測されます。このような社会を担う子供たちにとって、様々な変化に主体的に向き合い、仲間や友達と協働し認め合いながら共に成長することが求められます。

新元号「令和」にふさわしい21世紀をたくましく生き抜く力を育成するためにも、一人一人の生徒が、現在及び将来の志を立て、心と頭、身体を鍛えていけるよう、相互に磨き合い、学び合い、鍛え合う諸活動を推進してまいります。中学校の3年間は、人生の中で最も心も体も大きく成長を遂げる極めて重要な時期です。本校の落ち着いた雰囲気の中で、仲間と一緒に明るく楽しく有意義な中学校生活が送れるよう、保護者、地域の皆様と連携を保ちながら、教職員一同全力を尽くして取り組んでまいります。

TOP